Canon
メニュー
閉じる
東芝電子管デバイストップページ>会社情報>環境への取り組み

環境への取り組み

東芝電子管デバイス株式会社 環境方針

那須野が原の恵まれた自然環境のもとに設立された、東芝電子管デバイス株式会社は、電子管・デバイス事業を担い、医療・工業・科学技術分野において、その事業活動・製品・サービスを通じて地球環境に配慮した取り組みを、全員で推進します。

  1. 環境への取組みを、経営の重要課題の一つとして位置付け、経済と調和させた環境活動を推進します。
    また、事業活動、製品・サービスに関わる重要な、環境側面に関する目的・ 目標を設定し、環境マネジメントシステムと、環境パフォーマンスの継続的 改善及び汚染の予防に関係する全拠点・全階層で取り組みます。
  2. 環境保全に関する法規則・公害防止協定などを遵守することを最低限の責務とする立場に立ち、生物多様性を含む環境への影響を配慮し、より厳しい自主基準を設け管理します。
  3. 私たちの製品は様々な装置に使用されるキーデバイスです。下記の項目を重点的な取り組みとし、製品・事業プロセスの両面から環境負荷の軽減を図ります。
    • 3.1 事業活動による環境負荷の低減
      • (1) 温室効果ガス排出量を削減します。
      • (2) 規制化学物質排出量を削減します。
      • (3) 廃棄物総排出量を削減します。
    • 3.2 ライフサイクル全体での環境に配慮した製品の提供
      • (1) 製品の使用段階での環境負荷の少ない製品開発を図ります。
      • (2) 3Rを考慮した製品開発を推進します。
      • (3) 有害物質の削減を目指した製品開発に取り組みます。
    • 3.3 取引先の指導支援
      取引先などに対して環境負荷低減の指導、支援を行います。
  4. お客様、取引先、地域社会、従業員等全てのステークホルダーとの相互理解の促進のために、積極的な情報開示とコミュニケーションの深耕を図ります。

東芝電子管デバイス株式会社
環境保全責任者中牟田 浩典

中牟田 浩典



環境マネジメントシステム規格の認証取得

認定証(日英各1枚)

認証機関 株式会社 日本環境認証機構(JACO)
認証規格 ISO 14001:2004・JIS Q 14001:2004
認証取得日 1996年3月26日

グリーン調達への取り組み

東芝電子管デバイス株式会社は、取引先様にご協力いただきながら、世界各国でグリーン調達を推進しています。
取引先様のご協力を得て含有化学物質の調査を実施し、環境負荷の少ない部品・部材を選定して、安心・安全な部品、部材を調達していきます。

取引先様には当社のグリーン調達方針や施策をご理解いただき、環境に大きな負荷を与えるおそれのある化学物質や希少資源の含有率などの調査、環境負荷の少ない部品・部材の使用および原材料等の化学物質管理の継続的な協力をお願いいたします。

今後も取引先様との連携を強化し、安心・安全な製品を生産・販売していきます。


ページトップへ

東芝電子管デバイス株式会社

東芝電子管デバイストップページ | 個人情報保護方針 | サイトのご利用条件

Copyright